熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

人生って運命なのか否か…神様のメッセージ


人生って運命になのか、
すでに決まっているのかな。


神様がもうすでに
「あなたはこちらです」
なんて、レールをひいてくれているのか。
それに僕たちは乗っかっているだけのか。


どうあがこうとも
変えられないのかなー。


"運命に翻弄されて"
なんて言い方はまさにそうだ。


お年寄りが自分の人生を振り返ったとき、
山あり谷あり、
運命に翻弄されてきたなー、なんて話する。
ドラマチックな人生を…。


あるおばあさんは、
戦時下のときに結婚をした。


夫は外地にとられ、
その帰りを待つ妻になった。
結局夫は戦死して、帰らぬ人になってしまった。


女でひとりで子どもを育てなければならなくなった。


これなんか、自分の意思ではどうにもならないことだ。


生きた時代によって
人生がずいぶん変わるよな。


その時代の社会情勢で、
あるいは
生まれたところでずいぶん人生が違う。


やっぱり運命なのかな。



松任谷由実の歌に
「 やさしさに包まれたなら」
の歌詞に




目にうつる全てのことは
メッセージ



メッセージというのは
神様からのメッセージ、
自分のまわりに起ったすべてのこと、
喜ばしいことも楽しいことも、
悲しいことも辛いことも、
目にうつる全てはメッセージと歌っている。


そのメッセージは、
まさに人生の試練というのかもしれないけれど、


これも神様が
レールを敷いてくれたものなのか。
あなたにとって
これが一番いいのだということで、
神様の壮大な計画に組み入れられた。



Wの恋人、
今こういう関係になったのは神様がした。


人生辛いことだけではない、
楽しいこともある。


そのときは、メッセージなんて思わなかった、
感じなかった。


要は
何かを教えるためのメッセージだから、



「自分の人生を肯定しなさい」


そういういうことなんだろうと思う。




松任谷由実 やさしさに包まれたなら