熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

ほんとうに愛されているの? 一番不安なこと 自己犠牲


わたし
ほんとうに愛されているのか?
これが女性としての一番の不安要素だ。


確信がもてない。
口では、
「好き、愛している」
「お前が一番だよ」


なんて言ってくれるけれど、
100パーセント信じられない。


彼のわたしに対する言動のさまざま…
えっ?
信じていたが、
徐々にそれが揺らぎ始めたりする。


求めてきても、
カラダだけ?
ただ、したいだけ?
都合のいい女?


好きじゃないのに
ただやりたいだけ、
性欲が起き、やりたいだけなのか、
わたしを愛しているから求めてくるのか、
そこが一番知りたいところだよね。


男って
「好き、愛している = したい(性欲)」
ではないのだ。


ここが女性にとって、
わけわからないところだと思う。
別のブログに綴っているので、
見てほしい。
↓↓↓↓


 明らかに
態度でもって分かればいいのだけど、
上手く男はアプローチしてくる。


でも、その見極めは
意外と簡単なんだわ。


愛されているか否か、
それはお相手の行動に
自己犠牲があるかどうか、
この一点に尽きる。


男も女も一緒だけどね。


自分のことより、
相手のことを大切にしようとする態度が
あれば間違いない。



からだを求めるは単なる性欲、
自分がしたいという欲求だ。
単なるという言い方は語弊があるけれど…。


いっぱいわたしを求めてくる男を
愛情がある男と思ってはいけない。


たとえばね、
あなたが病気やケガで入院する。
毎日のように心配して
LINEする、逢いに来てくれる。
こっちの方がカラダを求めるより
思い切り、愛があるね。


なぜならば、相手のために
自分の時間を割いている。
仕事をスピードアップし、
早く切り上げて顔を見に行く。
その労力をかけてまで逢いに行く。


まさに自己犠牲だよね。


セックスは自分が気持ち良くなりたい。
自分の欲望が入ってくる。
但し、自分はいかなくていい、
相手を喜ばすセックスならOKだけどね。


だから、デートでもお部屋ばかり行こうとするは
ちょっと心配だなー。
自分が「したい」という気持ちの時に彼女を呼び出す。
誘いが突然だという行動パターンだ。
あまり計画性はない。
そして、急に逢いたいというLineが多発する。
そのときだけ、LINEを送ってくる。


欲望が満足したら、しばらくは無しのつぶて。
その繰り返しだ。


愛情なんてない、自分の仕事都合優先、
その合間に連絡がくる。


見抜くポイントだろうなー。