熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

一番させてはいけないものは… それは嫉妬



恋人関係で、
お相手に一番させてはいけないもの、
それは嫉妬、
ちょっとぐらいのヤキモチはかわいいからと、
わざと妬かすようなことをする男も
いると思うけれど、やらないほうがいい。


自分が嫉妬したらわかると思うけれど、
嫉妬すると心が苦しくなる。
怒り、憤り、腹ただしさ、くやしさ、悲しさ


相手が信じられなくなる
自信を失い、みじめな思いもする。


たとえば、
おばさんと言われる年になったわたし、
若い子と自分と比べる、
美貌において20代の子には
勝てないと自覚している。


なのに、彼は職場の部下の女の子、
その美しさを褒める。


嫉妬はその女の子に向けてじゃない、
年齢における嫉妬だ。


年とともに、女としての見栄えが
劣化していくことも承知している。


嫉妬は、自信のなさ、不安から起こるもの。


若い子のことを言われたら、
落ち込むよね。


自覚している年齢のこと、
すばり言われたら
おもしろくない。


不快感を表したら、
彼は
「お前だから、何でも言うんだよ」
なんて長い付き合いだったら、
そういうふうに返ってくるかもしれない。


だけど、
やっぱりそんなことを言う彼には
デリカシーが必要だと思う。


そういうことは心の中で閉まっておけばいいこと、
わざわざ彼女に言うのは、
妬かさせてやろうという面白半分?
作為的な言動?
無意識に?
真意はわからない。


一度嫉妬すると、女性は忘れない
より嫉妬深くなるだろうね。
今後正直に言っても
信用されなくなるのは言うまでもない。



長い付き合い、
何でも言える関係でも
やっぱりそれは良くないと思うね。


男も惚れた女には嫉妬する。


何に嫉妬するかと言えば、
他の男が彼女に触れたとき、
たとえば昨日旦那とエッチをしたなんて聞くと、
きっと不機嫌になるのは間違いない。



だから、あっても
彼には絶対言うべきじゃない。


男は嫉妬すると、憤りがおさまらず
嫌いになってしまうことだってあるのだ。
それが理由で別れてしまったって、
結構多いから気をつけてほしい。


嫉妬をもたらし、
もし、お相手が自覚できていなかったら、
気づいていなかったら、
きちんと言った方がいいと思うのだ。


そうしないと、
きっとまだ繰り返すから…。


不快なことをそのまま残しておくのは良くない。
感情的に言わず、冷静にね。