熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

自分を責めないで…恋は人は愚かにする?




彼と別れ、でもまだ執着がある。
悩んでいる相談者に、こんなお返事しました。


彼女は自分をすごく責めていました。





恋は人生に潤いを与える


ドキドキ、ワクワク
トキメキ


様々な感情が交錯します。


まるで人が変わったようになります。
ハイになり、エネルギーが
内から込み上げてきますよね。


専門家は脳内に
ドラッグの効果が見られると
言っています。



恋愛中、至福を感じる
一方では不安に駆られ
神経が過敏になる。


だから、
恋をすると人は愚かになるのです。


嫉妬もそうですよね。
好きなのにけんかが絶えない。


それも大人げない、
子どものようなけんかをする。


LINEの一言一句に
落ち込んだりして、
ハートやラブスタンプがなかったとか…。


恋とは自分本位になってしまう。



そういう心震わすしんどさも
また恋の醍醐味というか、
人生に潤いを与えてくれる。



恋はまさに人生の修行
楽しみもある修行です。


どんな修行かというと、
心を落ち着つかせ、動揺しないこと、
どんな場面でも心を平静に保ち、
雰囲気に流されない修行です。



いろいろなことで動揺したりしますね。


相手やまわりを気にしたり…。
一生懸命すると、
よけいに自分やまわりを
見ているようで見えなくなっているのですね。


ときには静かで落ち着いた心で
ジックリと自分を見つめる。


そうすると、
物事の本質がみえてきます。


流されてしまうと、
何が正しいのかわからなくなりますよね。



人は性悪なところと性善なるところが
あります。


悪魔のささやきも聞こえてきます。


「そんなきれいごと言ってはならない」



そういうバランスをとりながら、
みんな生きているのではないでしょうか。


あなたは自分を責めてしまう。


それはわたしはよくないところがあるからだと
思ってしまう。
わたしが悪い。
あなたを苦しめてるのは
わたしが悪いところがあるからだ。




いいところも悪いところは
それがわたしなんだという、


性悪なところもわたしなんだと
思えばいいのです。


悪を排除して完璧になろうなんて
できません。


神か仏になれないでしょ。