熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

恒常性(ホメオスタシス) 心配いらないのか…




みなさんのブログを読むと、
喜んだり悲しんだり、
元気になったり凹んだりと、
感情が揺れ動いている。


気持ちの浮き沈みが日替わりのようなブロガーさんもいる。
その振幅が結構激しい人もいる。


激しいときっと疲れるだろうなー。
眠れないなんてあるから…。


それでもまた復活する。



人はやっぱり安定をを好む生き物だよね。
不安定は嫌なのだ。



人間には、恒常性(ホメオスタシス)という性質を持っている。
これは人間だけではなく、生物のもつ基本的な性質みたい。


体の状態を常に一定に保とうとする働きだ。


これがあるから、擦り傷や切り傷、薬塗らなくても
血が止まり、傷口がふさいでいく。
治るという生体機能、
元の状態に戻る機能だよね。



心の状態でもそう、
心に傷も同じだよね。
傷が浅ければすぐに治ってしまう。
より傷口を広げる彼さんもいるようだけれど、
いずれにしても治っていくことがほとんどだ。


言い方を変えれば、
変化を拒み、
安定した状態に戻ろうとする。
それが一番健康だから…。


みんなはやっぱり不安や心配という心の変化を嫌う。
穏やかで安定した心を好む。


だからホメオスタシスの機能が働く。


そしたら、元々備わっている機能だから
心配いらないのかもしれないな。



振り返ればけんかばかり、
幾度彼を怒らせたことか、
わたしも凹んでふて寝、
ちょっとしたことでも、ケンカトラブルが絶えない二人、
友達から
「なんで別れないの?」
なんていつも言われる。


でもいろいろあるけれど、
別れることなく、
依然お付き合いしている人は少なくない。


これもホメオスタシスのおかげかな。