熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

あんたは、生きることに強すぎる… ダメンズとの恋

4、5年前かな、
NHK土曜ドラマ「夫婦善哉」をやっていた。


織田作之助が1940年に発表した短編小説のドラマ化したもの。

舞台は大正から昭和初期の大阪・北新地、
大阪が日本一華やかだった時代だった。
売れっ子芸妓(げいぎ)の蝶子は化粧品問屋の若だんな・柳吉と恋に落ちるが、
柳吉は妻子持ちだ。
父親に勘当され、一文無しになった柳吉との暮らしを支える蝶子だが、

甲斐(かい)性のない柳吉は放蕩(ほうとう)を続ける。
自分の力で人生を切り抜けようとする蝶子とは正反対の男、
典型的なダメンズとの物語。
気の弱いぼんぼんの柳吉としっかり者の蝶子、
ふたりで法善寺境内の「夫婦善哉」を
食べにいくところで、物語のクライマックスを迎える。



ダメンズを支える女性もいる。
離れられないのは、やっぱり愛情があるんだよね。
そんなふたりが幸せかどうかは、
他人が決める事ではないのかもしれないよね。


どんなに苦労しても、それを不幸とは思わない。
自分が惚れた相手のためならば、

苦労を苦労と感じないかもしれない。


その時代の大阪の雰囲気が好きだ。
言葉といい、浪花の情緒ある人との繋がり
とても、おもしろい。



昔、ミヤコ蝶々と南都雄二の「夫婦善哉」というテレビ放送があった。
視聴率は30%を超えていたという。


ふたりも、後で別れたが、蝶々さんが主導権を握り、
かかあ天下だったようだ。


別れた後も「夫婦善哉」の司会をした。


雄二は持病の糖尿病が進行し、沖縄で倒れた。
妻の不倫も発覚、うちひしがれていた。
蝶々は懸命に世話をした。
車いすを押し、病院を歩いた。


ある日、雄二が言った。
「あんたは、生きることに強すぎる。ボチボチ……がない人やった」
蝶々を頼りながら、73年に亡くなった。


こんな関係もあるんだなと…
別れても、男の浮気で女ができても
まだ、ふっきれない愛情があった。


元カレや別れた夫にまだ未練があるっていう人もいるしね…。


男と女の関係はまか不思議だ。