熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

恋する適齢期 結婚制度も変えた方が…結婚は50歳で終わり


これまで女性は、子育てや家事等、
家庭を守り、自分の時間なんてなかったのではないだろうか。
まして、仕事をもっている女性なら、
まずゆとりなんてない。


自分の自由になる時間なんてとれない。
すべて夫、家庭のために尽くしてきた。


さて、50代になって子どもも手がかからなくなった。
大学生、あるいは自立して、
家を離れ
ひとり暮しをしているお子さんが多いのでは。


やっと自分の時間が持てるようになった時が
50代なのかもしれない。


振り返ると、妻であり母として生きてきた。


女を忘れていたんだよね。


そんな時、彼と知り合った。
久々にドキドキした。
ときめいた。


忘れていた女が目覚めてしまった。
なんていう人、
多いんじゃないかな。



50代の恋愛は
多くは結婚を想定していない。
Wの恋人ならなおさら。


子どもをつくることもない。
妊娠の心配もない。


家庭を築くというのではなくて
二人だけの世界を楽しむといったものになる。



恋する適齢期
と言ってもいい。


昨今、世間では事実婚をするシニアが増えている。
まさにそれが証明している。


そういえば、
最近、年配のカップルがよく手をつないで歩いている。


日本では、まだ少しは偏見はあるのかもしれないけれど、
きっとすぐに自然の風景になっていくように思う。



結婚制度も変えた方がいい。
結婚は終生じゃなくて、終りを設ける。


結婚は50歳で終わり。
今はやりの卒婚みたいな、
それを法律で決めようというのだ。

50歳を過ぎれば、

後は1年更新、
それは二人で決めることができる。


更新申請しなければ、自動的に離婚になる。
まあ、円満離婚かな。



2度目は結婚生活というより
恋人みたいな関係の事実婚になるだろうな。


家事や育児にも解放され、
まさに二人だけの生活なのだ。
女として生きていけるラブラブ生活だ。


2度目は家庭に縛られることはない。
旦那の親や
わずらわしい親戚のかかわりもない。


1度目の結婚で
そういうものは終わっている。


しがらみから解放される。


2度目に幸せがあると思えば、
今の結婚生活でも我慢できるかな。


「もうすぐ、鬱陶しい旦那と別れられる ルンルン」
なんて