熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

「白いマフラー」 女性の気持ちを理解できなかった もう手遅れ



もって生まれた男の性なのか、
男は鈍感ないきものだといわれる。


好きな女性に失恋してしまった。
自分では原因や思い当たるふしはない。


でもちゃんと彼女なりの原因は存在していた。


女性はふたりのだいじな記念日を忘れた、覚えていない、
なおざりにした。


わたしが髪を切っても、
新しい服でオシャレにしていても
何も言ってくれない、
気づいてもくれない。


よくある話、


そんなこんなで積もり積もって
お別れってあるだろうなー。



彼は彼女に興味なくなったわけじゃないけれど、
視野が狭いというのか、
見るポイントがやはり女性と違う。



職場で女性同士
普段とちがったアクセサリーなどをつけていたら、


「ステキね、とってもお似合い」
「どこで買ったの?」


小さなものでも女性ならすぐに気づいて、
その話題に花を咲かせる。


男は正直全く興味なし、
相手が何を着てこようが、
あまり話題にはならないもの。



DEEPのバラード
「白いマフラー」のPV、そんな女心を象徴している。



DEEP / 白いマフラー




吐く息が視界を濁らせる。


ふたり、いつものように手をつないで
歩いていた。


もうそんな季節なのか、そういえばずいぶん寒くなってきた。
空を見上げると、うっすらとした雪雲が…。


「雪降りそうだね」
「うん…」


彼女は僕を見つめている。


笑顔が覗いているが、その表情はなんとなく悲しげだ。



僕がプレゼントしたネックレス


「これ返すね」
「えっ!?…」


そして微笑んで


「じゃー、またね」



僕の手を握っていた彼女、
すーっと力を抜く、
つないでいた手が離れていった。


そして静かに去っていった。


初雪が降り出した。



彼女はもう振り向くことはない。
考えて考えて、結論を出した彼女、


追いかけてももう戻らないよと、
後姿がそう語りかけていた。


だから僕は空を見上げていた。


なんかとても切ない。



彼が失恋したのは、
そんな女性心を理解できなかったのかもしれない。


彼女はきっと寂しい思いをしていたんだろうなー。
今やっと気づいても手遅れだったのだ。