熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

平凡な日常 信頼と感謝する心があれば



ご近所に住むおじいさん、
80代だろうなー、
朝夕ワンちゃんの散歩をされている。
御足が不自由で、杖をつきながら
いつもゆっくりのペースで…。
たまに出逢うことがある。


散歩かねてお参りだ。


朝は、
「今日一日、事故もなく病気もなく、
ケガもなく、無事で何事もなくお願いします」


夕は
「今日一日、無事で過ごせました、ありがとうございました。」
とお礼を


お寺と神社に大きな声を出して
言葉に出して
毎日にお祈りされている。


平凡な一日でも大過なく
無事過ごせたという、
感謝しているのだ。
健康のありがたみをかみしめて
いるように思う。



人間どうしても欲があり、
何も面白いことがなかったら、
つまらない一日だった
なんて思ういきものだ。


変わらない毎日を過ごしてると不満になる。
だから平凡は気に入らない、
なんて思う。


どうしても
何かちょっと違うことをしたがる。



そのおじいちゃん、
最近は出逢わないなーと思ったら、
入院されていると聞いた。
ワンちゃんは知り合いの人にもらってもらったという。


犬と過ごす平凡な日常が
なくなったんだ。
人懐っこいワンちゃんだった。
飼い主が倒れ、自分も養子に出され、
なんかかわいそうになったな。


おじいちゃんにとっては
変わらない日常、
平凡な毎日がどれだけ幸せだったか、
思い知らされた。


平凡は幸せかも…。
バカにできないなー、
なんて思った。




恋も長く付き合うと、一緒に居ることじしんが
幸せを感じるもの。


最初はあっち行ったり、こっち行ったりと
アクティブに楽しいところを探してデートするけれど…。


僕の場合、
たまーーに、お出かけするけれど、
彼女がこの家に来てくれて、
元気な顔を見て、一緒にお昼を食べて


愛し合わなくても、
ゆったりした時を、
限られた時間内で過ごす。


それだけで幸せがある。
あまり変わり映えしない平凡な一時だけれど、
お互いそれで満足だし、幸せ感を感じている。


逢えることだけで、ありがとうなのだ。
感謝している。


最初はもっと逢いたいっていう欲が
先走っていたけれど、
最近は逢えるだけでいいというように変わっていったなー。



とくに僕たちは変化を望まない。
将来一緒になろうなんていうこともない。
今二人で過ごしている時間、
とくに何もないけれど、まったりした時間
これがいい。


信頼し合っているから、
もっと恋を充実させたい、
がんばろうなんて思わなくなった。