熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

みんなひとり旅なのだ 寂しいのは当たり前



西城秀樹も逝ってしまった。
家族を残し、たったひとりで旅立った。


人間はこの世にひとりで生まれて
あの世に、またひとりで逝く。


ひとり旅なのだ。


仏教では
「独生独死 独去独来」(大無量寿経)
「独り生まれ、独り死し、独り去り、独り来たる」


生まれてきたのも独り
死んでいくのも独り
どこからか独りで来て
どこかへ独りで去っていいく


初めから終わりまで独り、
本来私たちは「ひとり」なのだ。


人生が寂しいのはそこに原因がある。


家族がいても
仲の良い友達がいても
大好きな彼氏がいても
やっぱり寂しいという。


わたしの寂しさ、
その苦しみ、悩み、辛さ
分かってほしいと訴える。


いくら彼氏でも
全部わかってくれる人なんていない。
そんなの無理じゃないかな。


口では
「その苦しみ、分かるよ」
と言ってくれるけど、
100パーセント
心から分かることはできない。


「彼はわたしのこと、全然わかってくれない」
と不満があったとしても
それは当たり前のことだ。


心底からわかってくれる人は誰一人いない
と思えばいいのだから。


逆に自分は相手のことを
分かっているか、
自分はできないのに、
人には要求するのは
おこがましい。


お釈迦様は
わかろうと努めてもできないことなのだ、
と説かれている。
人間には、そんなことできない。


それを人に求めても無理なのだ。
その孤独を救う力はない。


だから人生は
『独生独死独去独来』の旅路なのだ。


みんな寂しい、


孤独は辛いこと、
悲しいこと。


誰もが孤独との背中合わせに生きている。
孤独を背負って生きている。
孤独と共に生きている。


孤独を耐えなければしょうがない。
孤独だからこそ、
それに負けないようにアクティブになるようにも思う。


孤独も修行の場としてとらえていいんじゃないかな。


良い感情 悪い感情 そのときどうする? 感染する?


人間は聖人君子ではないので、
迷惑とわかっていても、感情が抑えきれず
つい、顔に出してしまう。
攻撃的になったり、態度が横柄になったりと…


感情が浮き沈みは
良いも悪いもないけれど、


かりに心地良い感情を 良い感情、
不快な感情を 悪い感情としたら、


なるべく
悪い感情はあってほしくないよね。


職場など、人間関係で様々なストレスを感じ、
怒り、不快感、嫉妬、
心が歪んでいると感じたとき、
自分の感情がマイナスのオーラを発しているとき、


僕は、親しい人でもまず距離をおくということしてきた。


負の感情を発しているときは
ジタバタしてもしょうがない。
落ち着くまで自重する、じっと我慢する。
それが一番いいと思う。


距離をおけない環境にいても、淡々と
仕事、家事など、今しなくてはならないことをこなすだけにする。


負のオーラは人に迷惑だし…。



心理学者ダニエル・ゴールマンという人は、
感情は風邪のように広まっていくと言っている。


『怒りで金魚が死ぬ?』ほどだから、
感染力は強力である。



しかも
「感情的なつながりが長く深い間柄ほど、その感染力も強くなる」
という。


信頼し合っている恋人同士ならなおさら…。


自分にとっても相手にとっても、悪い影響を与える。



人間は良い感情のときもあるし、
悪い感情のときもある。


悪い感情のときは、ちょっと休息すること、
何をやってもいい結果が生まれないから。


よい感情のときは、どんどん人と関わっていこう。
前へ進んでいこう。


かならず、いい結果を生むから


肉食系 ターゲットにする女性は… 男の性、男の論理


男がターゲットとする女性を決める場合、
まず自分と釣り合いが取れているかを
判断している。


みなさんのお相手も、
きっと分相応の人なんじゃないかな。


つまり、男って案外自分を知っていて、
俺に釣り合っているかどうか結構みているものだ。


この女は上質過ぎる、
俺では無理なんて判断している。


上質というのは、
めちゃくちゃ美人、
お金持ちで、身に付けているものが違うとか、
品性品位があり、言葉遣いが違うとか、
一流大学を出て、教養があるとか。


そういったものかな。


とっさに判断しているのだ。


無理だと思えば、
無謀なことはしない。


そんな女はターゲットから外れる。


戦略的なものではなく、
実際はやっぱりフラれたくない、
拒否されるのがこわいから、
無難なところを狙うというのがわかりやすい。


女性に慣れたナンパ師のような男は別として、
やはりプライド、自尊心が働くからだ。


7、8割はおしてもいけるんじゃないかと思うと
アプローチする。


結局は 自分に見合った相手にしか
声をかけることができないというわけ。


僕の場合は9割ぐらい、
ほぼだいじょうぶと思った時点で
一気に押していくかな。


あまり考えない男もいるけど、
案外慎重に動いていくのが一般的な男のように思う。


草食系だと、100パーセントいけると思っても
声をかけないのかなー。


ちょっとだけ自分より上だな、
なんていうのは格好の獲物、
こんな言い方
女性には失礼なのはわかっているので、
お許し願いたい。
男の口説くプロセス、
肉食系の男という前提だけどね。



世の中見渡せば、だいたいのカップルは
つり合いがとれている。


美男美女カップル、
もちものファッションもランクが似たようなカップル、
会話も…。


美女と野獣は
やはり少ないんじゃないかな。


これを心理学ではマッチング仮説という。 
似ている人の方がマッチングしやすいという
恋愛の原理なのだ。


簡単に言えば似た者同士、
似たような特徴や性格をしている人が親密になりやすいということ。


その方が付き合っていて、気を遣うことも少なく
楽だということもあるかもね。



不快に思われる方は、スルーしてください。