熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

美しい別れ方を目指すこと 


いつかは別れがくるに違いない。


いくら僕ががんばっていても、
別れなければならないって、
やっぱりあると思う。


それは運命と思うしかしょうがない。
運命に逆らうと、
その後の人生はおかしくなっていく。


女性よりも男の方が情けない、
失った恋のダメージ、
長く延々と引きずる傾向がある。


なぜ引きずるのか…。


答えは簡単なのだ。
後悔をしているから


もっとマメにメールしてあげればよかった。
待たせてばかりしていたなー

僕が彼女を振りまわしていた。
寂しい思いをさせ過ぎた。
もっと、彼女が喜ぶことをしてあげればよかった。


すべて僕の愛が足りなかったんだ。


そういうふうに思うから
別れた後も引きずる。


一生懸命愛したなら、
別れることになっても
悔い残らない。


幸せな時間を共有してくれたことに感謝して
終わる。


「ありがとう」って言ってさよならする。


そして彼女からも、
「ありがとう」
って言ってもらえたら、それでいい。


「君のことはずっと忘れないよ」
「わたしも…」で終わりたい。


これで終わりというとき、
最後まで恋人だった相手に対して
最後まで誠意を示し、
最高の思い出を残して
別れに臨めばいい。


そしたら、別れることの辛さなんてない。


とても晴れやかな気持ちになる。


また、あらたなスタートを切れるし、
また、あらたな恋もするかもしれない。


次の恋にも積極的になれる。
トラウマになって男はこりごり、
なんて臆病にさせてしまうこともない。


別れるときには、お互いに傷つくような、
別れ方はアウトなのだ。


美しく、そしていつまでも思い出に残るような
別れ方がいい。



僕たちの出逢いは誰もしらない。
別れたのも誰も知らない。

二人だけが知っている。


でも二人だけのメモリーは決して消えることはない。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓★関連記事