熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

雪の朝 きれいだor嫌だ 子供のように目を輝かせた?

 


朝起き出すのにエネルギーがいる。


一気に冬将軍がやってきた。


毎日とにかく寒い!



朝起きて、
今日は日の出が早いのだろうか、
何となく明るさを感じてカーテンを開けると、


昨夜から降っていた雪が積もって、
今年一番の雪景色の朝でした。


雪を観て、
「きれいだなー」
四季折々に繰りなす自然現象の美、


「雪か、嫌だなー」
日常生活に支障を来たす困った雪…


相反する感情は
だいたい3対7ぐらいかな。


ぼやいていてもしょうがない。



雪の朝で思い出しましたが、


さだまさしの歌で
「雪の朝」という歌がある。


実はグレープのデビュー曲、
ヒットした「精霊流し」は第2作目のシングルだという。
何でも8000枚しか売れず、
友人らがレコードを買い込んで
知り合いに無理に買わせるといった状況であったらしい。



「雪の朝」の歌詞は


恋人同士、同棲しているのか
若い夫婦なのかわからないけれど、


共に夜を過ごした翌朝、
目が覚めると、朝雪化粧になっていた。


女の方がまるで子供のように
目を輝かせる。


男は、君は幸せな人だという。


また、いつもの生活が始まるだけの朝なのに…って


雪の朝、みなさんはどう感じましたか。





H264-08 雪の朝 (1976.4.5 長崎市民会館 グレープ解散ライブ収録)