熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

幸せというのは… 何かの数値でわかる?




小難しい哲学的な話は好きではないけど、


幸せというのは
どんなことを指すのかなー、なんて考えてしまった。


今は、
彼女といる時が一番幸せを感じる。


逢える日が決まり、ウキウキして
その前から幸せなのかもしれない。


幸せって、どんな状態なんだろうか。


よく使われるのが、


「幸せな結婚をしたい」
「幸せな家庭、家族です」
「幸せな夫婦でした」
「君と出会えて、幸せだった」
「すばらしい仲間に恵まれて幸せだった」


男女間、夫婦、親子、きょうだい、ともだち
そして恋人同士


すべて人と人とのつながりの中に
幸せはあるようだ。



では、幸せの尺度、
具体的に幸せを数値に表すとしたら、
何の量が多いといえば
いいののか?



昔から
「笑う門には福来る」
ということわざがあるが、


ある意味当たっている。



つまり、「笑い」の量、


幸せは
「笑い」の絶対量


たくさん笑いのある人は
幸せだと思うのです。



笑いは、
ひとりより2人、2人より3人と
大勢の中だと、
どこかで笑い起こります。


人が集まれば、
必ず笑いが生まれる。


ひとりでは、なかなか笑うことは
ない。



僕たちは、逢っている間、
結構冗談を言い合って終始笑っている。


彼女がボケて僕が突っ込むことが
最近は多いかな。


とにかく彼女はよく笑う、
そしていつもニコニコしているのだ。
それにつられて僕も笑ってしまう。


よく笑う子はとてもいい。


かわいいし…。