熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

年増は魅力的な要素がいっぱい



「これがおばさんウィルスだ」
なんて失礼な記事を書いたが、


大阪のおばちゃんや
一般的におばさんっていう言い方は、
女性さしさからほど遠く、
あまりいい意味使われていない。


あつかましく、配っているティッシュなら、必要なくてももらうとか、
スーパーのレジで、ビニル袋を、買った品物が入るにもかかわらず、もらうとか。


満員電車でも割り込んで座ろうとするとか。


喫茶店やファーストフード店で、
若い子が甲高い声でおしゃべりしていたら、目を吊り上げて、
「静かにしてちょうだい、迷惑よ」
って注意したあと
自分たちの仲間では、
「若い子はいややねー」って、
噂話を大きな声でしているといったこと。


「いじわるばあさん」というテレビドラマがあったけど、
(かなり古い)
極端にいえばそんな振る舞いがある女性をおばさん化と呼んでいる。




そんなおばさんを除いてだけど、
彼女を除いて、今まで惚れるというまではいかなかったけど、
40、50代の女性は尊敬する部分が多い。


それに、魅力的な要素も多分にある。


男は若い子が基本好きだというのは間違いだ。


男の好みは案外バラエティーに富んでいるが、
結構年増(古い言い方ですが)が好まれる。


若い子は一日だけ付き合うのならまあいいが、
長く付き合うのなら、きっと疲れてしまう。



年増女性はおおらかで、コミュニケーションが大好きで、
他人のためにエネルギーをつかうことを嫌がらない。
母性本能、懐の深いところがある。


せこさがある男には、感心させられる。


そしてたいがい家事を担っている人が多い。
料理なんてたいへんな作業、
材料を選び、値段を吟味して買う。
料理する。
器に盛り付けする。
片付けと、たいがいめんどうな一連の作業を毎日こなしていけるのだ。


家事は仕事以上にめんどう、
男にはまずまねのできないものである。


よく彼氏のために身のまわりのことに気づいたり、
お弁当をつくるなんているが、
とっても魅力ある女性だと思う。


そんなことしてもらったら、増々惚れてしまう。


年増ほど魅力的なものはない。