熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

「男ってものは引き際が肝心よ」 早く忘れな草をわたさなきゃ…


「男はつらいよ -浪花の恋の寅次郎-」


寅さん、
「男ってものは引き際が肝心よ」
喜介(芦屋雁之助)に
「わかりまへんな」
「そないカッコつけてると、おなごはモノにならんで」
「アホやな思われても地獄の底まで追っかけるくらいの根性がないとあきまへん」


なんていうやりとりがあったけれど、
寅さんも
自分に酔っているというところもある。
だけど、
そこがまたいい。


だから、好かれる。
ほんとうは寅さんはモテるんだよね。



確かに
男ってのは引き際が肝心だと思う。


自分が必要無くなれば、
お別れすべきなのだ。


彼女はお家がリラックスできて
幸せ感を得られたら、
それでいい。


僕との付き合いで、夫婦が仲良くなってくれたら
それが一番いいと思っている。


そしたら僕はお役御免、
彼女の幸せを考えて身を引く、
それでいいと思う。


また友人として会えばいいだけ…。


本当は逢うことはないと思うけどね。



男女関わらず、
僕を必要をする人が現れたら、
そのときはまた、
いっぱい愛情を注げばいいんだよね。


ただ、女をころころ変えるような
女を食い物にする自分本位な男ではアウト。



<散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ(細川ガラシャ)>


花も人も散りどきを心得てこそ美しいのだ。


いい思いでは花のようにバッと一瞬咲いて散るから綺麗なんで、
いつまでも未練たらたら、
相手に迷惑をかけるようなことはできない。


いつも、花が咲いててもそれは綺麗とは感じない。


人間も引き際、
散り際を大事にしたいもの。



早く忘れな草をわたさなきゃ…


僕たちは
そういう関係だから…。




山口百恵 赤い疑惑 忘れな草をあなたに