熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

お盆休みにする意味 不謹慎?


お盆休みがはじまる。
お盆はお墓参りや実家へいったりと、
家族で動くことが多い。


彼さんと逢えないという人もいるだろうな。


でも、お盆料金でラブホは満室なんだって。
ひょっとして夫婦が、
利用しているのかもしれないな。


お家の事情、「間取り」がきっかけで
レスになる夫婦は確かに多い。


お盆にする意味、
子づくりはしないまでも、
行為そのものは子孫繁栄の行い、
それが、やがて未来に続き、
ご先祖様が今後の安泰を願うこと、
なんて無理やりお盆と結び付けた。


昔から親や先祖やーを大切にすると
家が栄えるというから。


まあ、お墓参り忘れないように、
そしてその後、励んでほしいものだ。


それも幸せにつづく道なんだろうか。



でも、だんだん墓を参る人がいなくなっている。
墓があっても参る人がいないという。


無縁仏になる。


無縁仏とは
近親者が全て亡くなるなどして、
墓まいりしなくなり、
放置された仏(死者、遺骨)のこと。


少子化、核家族化、親子がバラバラに暮らす時代、
ライフスタイルも多様化している。


墓を未来永劫にわたって維持するのは無理な話、
また、ご先祖さまを守るという価値観も薄くなっている。


お盆は休み、
先祖のことなんて考える人は少ないのかもね。
なんか世相の話になってしまった。


墓参りして、先祖に感謝の気持ちをもつことで、
今幸せです。
ありがとうの気持ちを表す場でいいと思う。



でもね、
お盆に不倫関係の人と密会は不謹慎、
先祖に申し訳ない
なんて思う必要はない。


ご先祖さんの時代、
今みたいに、一夫一婦制が法で決められ、
別れられないように強固に結びつけられ、
結婚したら浮気は絶対ダメ、なんていう時代ではなかったから。

一婦多妻はもちろんのこと、
なんでも、ゆるーい男女関係だったみたいだ。


今みたいに、
みたいにバッシングされることもない。


時代によってはずいぶん違うよね。