熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

レスの問題は深刻 自然な欲求


夫婦、どういう姿がいちばんいいのか、
わからない。
夫婦の理想に近い形、それもわからない。


お互いが不満もなく、相手を尊重し
ラブラブじゃないけれど、
一緒にいてストレスにならないのなら、
まあ、良しと思わなければならないのかなー、
なんて思う。


だけど、レスという夫婦は多いんじゃないかな。
なくても夫婦は成立する。


男も女も
「レスがこの先もずっと続くようだったら、夫婦関係は難しい」
という人も少なくない。


レスがクリアできれば言うことないんだけれど


性欲、
その欲求は本能に近いと思ってる。


片方がしたいのにできないと、
愛を感じられなるのは当然だし、
男女関係が不健全になる。
「性の不一致」
というのは、大きな問題だと思う。


レスが離婚の理由になるのは当たり前だよね。


日本人は世界の中でもまれにみるセックスしない国民だと、
もっと言うなれば、夫婦間でセックスしない国民みたい。


パートナーとのセックス回数は少ないんだけど、
その代わりいろんな人とセックスしているというのも驚き

(これは、コンドームメーカーの調査結果)
 


欧米では、
レス=離婚
というのが当前、
日本人はレスなのに
なぜ一緒に暮らすことが出来るんだと
不思議なようだ。


日本では、カップルや夫婦の半数がレスを抱えていて、
ほとんどの人が悩んでいるというのだ。


離婚が増えている
このレスが影響しているのは否定できない。


土曜日はするなんて、
ルールを決めるなんいうのも、変だし。


女性は受け身、
なかなかしたいなんて言えない。
それに、愛を伴うセックスでないと、
満足しないと
いうのがあるから難しい。


きっとストレスが男よりあるんじゃないかな。


若くしてレスになったら、
もう女として終わってしまうのでは
というさびしさ
はよく聞く話、
だから、恋人をつくって求めてしまう。