熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

人の悪口陰口 自分にもダメージとか…


「ゴシップガール」という
アメリカのテレビドラマがあったけれど、


「文春砲」なる雑誌然り
うわさ話は大抵耳を傾ける。


「他人の幸福は飯がまずい」
「他人の不幸は蜜の味」
なんて言い、
みんな大好きなのだ。


人間らしいといえば、
そうかもしれないな。



とくに中高年の女性は
なんであんなにうわさ好きなんだろうかと思うときがある。


お昼何人かで
一緒に食事をすると


話は必ず
「あの人ね~…」
になってくる。


誰かをネタにして、それをおかずにする。


人のうわさをするときは、
褒めることはまずない。


職員の男女間のネタ話になると
目を光らせ、テンションが上がりるみたい。


一度僕の家に何人か招待して、
食事をしてのおしゃべり会をしたところ、
ずっと〇〇さんの話だった。


〇〇さんというのは同じ職場の50代男性職員、
ちょっと協調性なく、
仕事もやりかたも困ったさんなのだ。


話の先導者がいる。
その人が中心になって、
大盛り上がりだった。


たしかにその通りだけれど、
聞いていて僕は疲れてしまった。


途中その会話から抜けて
声が届かない外(庭)に出たことがあった。


自分とあまり接点のない人でも
あんなに盛り上がれるものなのかなーなんて思った。



僕は人の悪口や陰口を言うと、
すごく後味が悪いのだ。
なぜか自己嫌悪に陥る。


それは、脳は相手の悪口を言っても
自分が言われているように感じるらしく、
脳には主語がないんだそうだ。

だから、
言っている自分にもダメージがあるんだとか。


なるほどなーと思った。


でも鉄の防御壁があるのだろう、
ゴシップガールは平気みたいだった。