熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

ラブレター600号へ 毎日妻に手紙を書き続ける男性?


さて、いよいよラブレター600号になる。
今僕のラブレター599号まできた。


そのときは一生懸命綴るんだけれど、
これだけ多くなってきたら、
何を書いたか、前のことはほとんど覚えていない。


きっと同じような中身もあるに違いない。


女性は記憶力がいいから、
彼女から
また同じこと書いている
なんて思われる。


読んだか読んでいないのか
分からないけれど…。


こうやって僕との関係を止めずに
続いてくれていると思うと、
がんばるしかない。


約2年間で600通送り続けてきたことになる。



こちらのブログでデビューして
発信してから、
最近はラブレターの方、
ちょっとさぼって、滞っている。


毎日のように送っていたんだけどね…。



それはなぜか、
ムラゴンの方は
Niceをしてくれたり
コメントくれるから、
がんばれるのだ。


綴るモチベーションを上げるには
自分一人の一方通行では
やっぱり無理だなー、ってしみじみ思う。


本当は彼女から
コメントくれたら、もっと書ける気がする。



こんなことで、自慢気にいってはいけない。


世の中は広い、
約40年間にわたって
毎日妻に手紙を書き続ける男性もいるんだね。
これには驚いた。


ここまでしたら、自分も自信がつくし…。
お相手さんは離れていかないという自信だ。


一度も喧嘩したことがないという
おしどり夫婦、アメリカのニュージャージー州に住む夫婦だ。



一言の言葉でも伝え続けるたいせつさは
見習うべきだと思う。


手紙と違って
メールやLINEとというツール、
こんないいものがあるのに、
ちよっとした想いは相手に伝えるべきだよね。


スタンプもあるのに、
LINEごときで億劫になるとは、
返事もしないとは…。


この男性からみたら、
「愛がないのだ!」
なんてお叱りを受けそうだ。