熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

おばさんではなかった みんな恋する乙女


ここのムラゴンブログの女性たち、
40~50歳が多いんじゃないかな。


子どもや20代の子からみれば、
完全におばさんと言われる年齢、
いったい何歳から、世間的には
「おばさん」扱いにされてしまうのかなー。



森高千里 『私がオバさんになっても』
という歌があったけれど、



彼女は1969年生まれの49歳だ。




私がオバさんになっても本当に変わらない?
とても心配だわ あなたは若い子が好きだから…

今、ちょっと歌いにくいのかもしれないなー。



 サイト巡りしてさまざまなアンケートを見ると、
やっぱり40歳からが一番多いみたい。


「おばさんなんて思われたくない!」
という人は、
見た目や中身がおばさんになってないか、
振り返ってみるのもいいかも。



しかし、年齢を言わなければ、
こちらのブログは
若い女性が綴ったんじゃないかと
思えるような表現だし、内容だ。


きっと書いている本人たちは、
自分の年齢を意識していないんだと思う。


またそれが
若さの秘訣なのかもしれないな。



僕なんて、アラ還だから、
おじさんを通り越して
ジジイなのだ。


しかし、ジジイとは思っていない。
「おじさんも、堪忍してほしい」


そんなこと言ったら
世間からきっとバッシングを受ける。



でもみんな暦年齢より
自分は若いと思っている。
「私ももう、おばさんだから〜」
と言っていても、
心のどこかで
「まだおばさんじゃない」
と思いたい気持ちは絶対ある。


たとえば、
「いくつに見える?」
なんて聞かれて
返ってきた答えが年齢ドンピャだったら、
ショックを受けたりして…。


そんなことはない。
もっと若いはずだーと否定する。



同窓会なんて行くと、
自分のことはさておいて、


「みんな歳いったなー」
口に出さぬが心の内…。


おじさんおばさんは自分は関係ない
そうなるのは他人様だと。


案外みんな自分はイケていると思っている。


まだまだ
男でいける
女でいけると…。


それがいいのだ!



オフ会でお逢いした女性たち、
みんな若かったー。


他の人と決定的に違うところは、
やっぱり恋をしているんだよね。

とても若々しいのだ。


そしてみんな魅力があったということだ。


子育て、生活やつれは出で当然なんだけれど、
それはなかったなー。


みんなそれぞれ魅力がある。
恋している女性ははつらつとしている
そしてきれい。


それを実感した。


世間でいうおばさんではなかった。