熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

楽しもうという気持ち ポジィティブな女性が好き


男も女もネガティブなことを
口にしないのがモテる条件みたい。


この女性いいよなー、
なんて思うところは多々ある。


同世代の女性だと
褒めたときの反応が
最近はおもしろい女性は好きだなーと思う。


おもしろい女性は
ポジィティブで明るい


例えば
「その服似合っているよ」
「髪型可愛いね」
「仕事がテキパキして、すごい」

なんて褒めると、
「いえいえ」
「自信ありません」
「まだ勉強中です」

と謙遜さは生真面目でちょっとおもしろくない。


褒められたら
「そうでしょ」
「気づくの遅いわ」
「もっともっと褒めて!」


なんて言う、
自信過剰はいただけないけれど、
僕はそういうおもしろおかしい
返しがある女性は好きだ。


そうすると、
おしゃべりのラリーが続くように思う。


最近はよくしゃべるおばちゃん要素がある人が
好みかもしれない。



またいろいろと興味関心があり、
知的好奇心が豊かな女性、


即実行させてくれるような言葉をくれる女性、
たとえば
何か提案したら
やろうやろうと
前へ進めてくれる女性はいい。


楽しもうという気持ちが伝われば、
迷いはなくなる。
即実行だ。


提案した方も気持ちいいし、
嬉しいものだ。


デートのとき
だいたい男はプランを考える。
それに対して、


「そこ、…でおもしろくないよ」
「遠いから疲れそう」
「人でいっぱいじゃないの」


こんなレスなら
やめとこうということになる。


「じゃー、考えてくれよ!」
相手に押し付けたりして
気分はよくない。


前向きな言葉を返してくれたら、


「嬉しい」
「行きたい」
「楽しそう」


それだけで
デート前からウキウキするものだ。


「よし連れて行ってあげよう」
「手配する、任せとけー」


男前な行動をするよね。