熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

人がよく来る家は運気が上がる 理屈でもそう


僕は知り合いになった人には
「遊びに来てね」
ってよくお誘いするほうだ。


人を招き入れることは
とても良いことだと思っている。


そして、人がよく来る家は運気が上がる
と聞いたことがあるから。


彼女との初めてのデートは僕の家だった。
お仕事でお疲れの様子
ぼく「お茶でもどうですか?」
ってお誘いした。
彼女「じゃー、〇日に寄せていただきます」
と快い返事、
彼女は僕を気にいってくれ、
お付き合いがはじまった。


それから、彼女にとっては癒しの場、
僕にとっても楽しみの場となった。


Wのみなさんは、お相手の家なんて行けないし
お招きできない。


僕は一人暮らしなので、
それができた。


それから、人生がかわってしまった。


その運気、信じているのもあるけど
実際、理屈の上でもそうだ。


彼女に限らずどんな人でも
幸せな人は必ず人間関係を大切にしている。
人生に大きな影響を与えるのが人間関係だ。


そういう場を設けることで、
友達の友達から
人の輪
人の縁が広がっていくから。


もうすぐ催すオフ会も
たくさん運気をもってきてくれるに違いない。


他にいいことがいっぱいある。
人を家に招き入れることで、
いろいろと家の用事、雑用などが
とてもはかどるということ。


お客さんがくると掃除をしなければと、
一生懸命する。


毎日しないトイレ掃除などは、
さっさと済ましてしまう。


大掃除みたいになってしまう。
家がピカピカ、とてもきれいになる。


僕は不精だけれど、
それは一人だから…。


とくに無精者にお客さんを
招き入れることをお勧めします。


いついっか、何時に来られるとなると、
その時間までにあれとこれとしようと、
頭の中で、だんどりが出来上がる。


後の時間を決められることで
計画だってできるのだ。


人間は人のために動こうとする。
人との関わりで、エネルギーが出てくるのだ。


自分だけでは、
後にしようということになる。
結局何もしなかったりしてしまう。


料理でも
お客さんのために腕を振るうってある。
おいしいといってくれたら
とても嬉しいものだ。


おいしく料理をつくる、
工夫したりするのは
人との関わりで上手くなっていく。


家が汚しいし、狭いし、掃除しなくちゃならないし、
人を呼びたくない。
呼ぶほどのの家ではない。

だから、人を招くのが面倒だと感じる。

面倒と思ったら、運気が低迷する。


どんどん家に来てもらうことは、
いいことずくめなのだ。