熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

大人の恋のさまざまを発信しています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

けんかの種 でも関係を続けられるのは…


お相手とちょっとしたことで、
けんかして
すねたり無理をいったり困らせたり、


「めんどくさい女」
「めんどくさい男」

なんていう言い方が流行っているみたい。


僕たちは1年半お付き合いしているけれど、
けんかやちょっとしたトラブルもほとんどない。



僕の表情が険悪になったときは、
彼女の悩みを真剣に聞いいたときかな。


自分なりの意見やアドバイスする。


それに対して感情が高ぶってしまい、
彼女から、ちょっと顔がこわいと言われた程度で、
彼女を攻撃したことは一度もない。



けんかの種はつくらない。
けんかはぜったいにしないと
決めている。



それは彼女を終生手放したくないという
ところからきているのかもしれない。


最後の恋だと思っているし、
彼女とはからだも心も相性がいい。
一緒にいて心地良いから離れたくない。




恋愛はさまざまな嫉妬や心の揺れがあり
不安定なことは確か、


だから、相手の言動に敏感なのだ。


敏感だから些細なことで、
子どものようなことでもけんかをする。


相手が好きだから…。



たとえば、他の女性と
LINEやメールでやりとりしていた。


ヤキモチから、真相を問いただす。


泥沼になる様相を予感させる。


その爆発的なエネルギーを
彼にぶつける。



それでも許し、続けられるのは
きっとこのような男なんだと思う。


攻撃を受けた男は、決して開き直らず、
けんかを買うこともせず、
女性にボロクソに言われても
意地もはることもなく、
彼女の言い分を素直に聞く。


そして素直に謝る男なのだ。



男は浮気性なのは間違いない。
きれいな女性に心惹かれるもの。
でも、その女性は一番ではない。


めんどくさい女でも、
好きなのは、やっぱり目の前にいる彼女だということ、
それは間違いないのだ。