熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

「卒業写真」待ってて、昔の恋人に逢いたい、きっと逢いにいく…か



3月は卒業シーズン、
小学校の「卒業写真」
今もあるけど、ほとんど見ることはない。


忙しい毎日の生活が、
あえてノスタルジックな気分になれない。


ただ、今自分のおかれている状態が精神的に辛く悲しく、
ネガティブに暮らしていたら、
卒業写真をみて、あの頃楽しかった
思い出にひたるのもいいのかもしれない。



松任谷由実(荒井由実)の「卒業写真」、
ほんとうにいい歌だ。



荒井由実 + ハイファイセット - 卒業写真


しかし、歌詞はとても悲しい。


写真の中に昔の自分が写っている。
その隣に彼(恋人)がやさしい目をして写っている。


二人ともニコニコ微笑んでいる。



街中で偶然、その恋人を見かけた。
しかし、わたしは声も掛けられない。


なぜって?


彼は卒業写真の面影がそのままだったから…。


心がピュアーで、とても優しい顔をしていたのだ。


それに比べて、わたしは人混みに流され彷徨い、
ずいぶん変わってしまった。


とても醜い、心が荒んでいる
あの当時の微笑みの顔にはなれない。


彼とまた会いたいと思う。


いつか、
わたしは昔を取り戻し、
精神的に清らかだった自分に戻る


そのときはきっと、
彼を探し、逢いにいこうと思う。


待っていてね、
逢いたい、きっと逢いにいく…。


その日まで、
どうか私を叱り、見守ってほしい


そんな歌詞と勝手に解釈したが。