熟年ラブ 大人の恋 50代のブログ

燃えるような大人の恋をしています。同じ立場の人たちのブログでべんきょうしています。

彼女との出逢い その4 バカなことをして…

そして、はじめて二人きりになった。


食事の後、彼女は洗い物をしてちゃんと片づけてくれた。


その洗い物をする後姿は、とても魅力的だった。


ぼく「ごめんね、ありがとう」


彼女「慣れているから」


と手際よく片づけてくれた。



それから、用意したものを取り出し、
花を活けてくれた。


フラワーアレンジメントの心得があり、
花屋さんにパートに行ったことがあると言っていた。



僕の家には今きれいなユリが咲いている。
手入れはしていないけど、毎年夏になると咲いてくれる。
豪華なカサブランカだ。




そのユリをを中心に
綺麗に配置して、見栄えの良いものになった。



花をスポンジのようなものに生けている


その彼女の姿もとてもグッときて、
ときめいてしまった。


家に花があるって、
僕にとってとても新鮮だった。



その女性らしいところに
僕の胸は高鳴った。



この人にどうやら惚れてしまったみたい。



家庭をあずかる人妻であることなんて、
どこかへとんでいってしまった。


帰る間際、帰る用意をしていた彼女の背後から、


ぼく「僕はあなたが好きになりました。」


言ってから、いきなり
頬にキスをしてしまった。


なんという大胆な…


自分でも怖くなるようなこと。


でもそのときは、感情に任せるまま


想いを言葉と行動に…



彼女はびっくりして、
そして、ものすごい形相をして怒り出した。


彼女「わたしにはつらい過去があるの!」
って、


僕は何のことかわけわからずに、
とにかくその行動に
ぼく「ごめんね、ごめんね」
と平謝り、


小走りに車に乗って、
逃げるように帰っていってしまった。



それから、正直に想いを告げ、
ラインでもう一度謝りのメールを打った。
そして、今日のこと、ありがとうとお礼を言い、
さよならをした。



わるいことをしてしまったと、
いい歳をしてバカな自分を恥じていた。


これからも友達でいたらいいのに…って。


ところがしばらくして…



つづく